中山稲美町長を表敬訪問

昨日、
マイスタ加古川のメンバーと共に3人で、
#稲美町役場 #町長室 を訪問させていただき、長時間に渡りお話を聞いていただきました。

中山哲郎稲美町長
@t_nakayama1026

中山町長にお持ちいただいている資料は、

『地域コミュニティづくり & デジタルノマドへのアプローチ 2024/03/25 マイスタ加古川』 です👍

#マイスタ加古川 の #コミュニティ運営
#コワーキングスペース が地域のハブ機能に
#デジタルノマド 誘致への事例紹介
が主のテーマでしたが、

#稲美町 の魅力(地元の食材を使い全国でも美味しいと評判の給食。小学校内で市民が給食が食べられるようにしたい)から、
#農業複業化 #子育て支援 #社会課題の解決 へと、
話題は多岐に渡り時間はあっとう言う間に過ぎていました。

#デジタルノマドビザ
#digitalnomadvisa
#digitalnomad
#coliving

今後、若手職員さんや稲美町商工会、
新しいことに挑戦しようとしている農家さんとも、意見交換や勉強会などの交流の機会が作れたら良いですねと意志を確認し合い、

行政と民間と地域住民の協働で作るコミュニティで、社会問題を解決するムーブメントを起こしていきたいと考えております。

そして、町長からのPRで、
稲美町は、劇団があるそうです。
なんと、マイスタのボランティアサポーターの「りほさん」が在籍してるじゃないですか🤩

📣稲美町民参加型オリジナルミュージカル「 #龍をあむ 」
日時:2024年3月31日(日)開演 ①12:00 ②16:30 ※開場は45分前予定。
会場: #稲美町コスモホール 〒675-1114 兵庫県加古郡稲美町国安1286−1
入場料:前売り一般¥1500/中学生以下¥500/障碍者チケット¥1000
    当日 一般¥2000/中学生以下¥1000/障碍者チケット¥1000

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/024ka4fys9g31.html

約120年に渡る #疎水 の歴史をベースにした、 #稲美地区住民 を中心とした #地域参加型 #オリジナルミュージカル の公演です。
あらすじ
古来より、 #いなみ野 は水に恵まれず、作物の育ちにくい乾いた赤い台地であった。
人々は生活に喘ぎ、水をめぐって時には争いながらも互いに力を合わせ、水への想いを紡いできた。明治になり、遠くの川から神出に水を引くため、明石藩東村の某が1771年(明和8)に記した測量図が魚住完治の手に繋がれた時、長きにわたった水を求める人々の想いは動き始めた。
しかし、彼らの前にはあまたの試練が・・・。
果たして、完治たちはいなみ野に水を引くことができるのか。
生きるため水をもとめて奔走した、いなみ野の先人の心に響く物語。

pvc_views| 182