独自考案された切り絵アート時計をコワーキング利用で撮影ブースで大撮影会 兵庫県加古川市

Instagramより
独自考案された切り絵アート時計をコワーキング利用で撮影ブースで大撮影会

カミヤ・ハセ さんが、
もうすぐ、展示会に出品するので、
マイスタ加古川でギャラリー展示(めっちゃ良いように表現しちゃった😁てへ)していた作品を引き取りと #宣材撮影 に来られました。

ご来店されて展示作品を見た方もいると思いますが、
そう、アレです😁。
立体切り絵をどうやって作ったのか?紙の神業!切り絵アートです。
※紙だけに、かみわざ😅
独自に編み出した、 #切り絵ボトルアート と #切り絵金魚 たちです。

切り絵ボトルアートとは、
#ボトルシップ のように、 ボトルの中に #切り絵 を入れたもので、
今年の2月に、マイスタ加古川で #テレビロケ 撮影され、
#天才ピアニスト さんが、 #すごわざ を持っている人をニュース番組で紹介するコーナーでした。

#教えて天才さん
ABCテレビ
newsおかえり18:15~
@news_okaeri_abc

公式アカウントの投稿
https://www.instagram.com/p/CodkR3WvQgo/

本日2/10(金)18:15〜newsおかえり「教えて天才さん」ご覧ください! 切り絵作家カミヤ・ハセさんが紹介されます

そして、ついでに、
展示会で展示する、
#レジン波アート と切り絵を施した、
#アート時計 をお嫁入りする前に写真撮影しておきたいと、
#撮影ブース を利用されました。

文字盤には、 #レジンアート の波しぶきの #波アート が配置され、
透明シート(マイスタ加古川でPET樹脂シートをカッティングマシンで、真円でカットした)に、カミヤ・ハセさんの海の生き物たちの切り絵が貼り合わせて、
1分間に1回転する秒針になっているんです!

時計の透明なドームは写真撮影の際に、
いろんなものが映り込んでしまいますので外していますが、

それでも、秒針の透明シートに店内の照明や窓風景が映り込んでしまうので、
以前に黒い革に光が反射するという、撮影ブースの投稿でもご紹介したように、
今回も、黒レフ板が出番到来❣️

透明シートにほぼ平行に黒レフ板を設置し、
スマホカメラは、少し斜めから撮影することで、
カメラや自分の写り込みを無くしています😁

この撮影キットは、
スマホで撮影しても、誰でも手軽に、
後加工なしで商品画像として使えるほどのクオリティになりますよ〜。

撮影時のホワイトバランスの設定を変更して、
少し明るめに撮影するのがコツ👍。
加工アプリでちょっと色補正を行えば、カタログ写真みたいになりますよ。

マイスタ加古川のこの撮影ブースとセットで、
背景の #黒グラデーション の他にもいろんな色の背景をご用意。
他に、オレンジ、ブラウン、グレー、ホワイト、テクスチャー(模様)のあるベージュの背景紙もあるよ👌。

化粧品などはピンクの #背景紙 がおすすめ。
水色は清涼飲料水や #多肉植物 がキレイに撮れます。
もちろん、お料理もバッチリ、 #しずる感 のある写真も撮影できますよ。
背景紙を対象で使い分けられると良いですよね。

この撮影ブースは、
なんと!コワーキングスペースのご利用料金で使い放題😲。

ドロップイン2時間500円
1日最大1200円

#ハンドメイド作品
#オリジナル商品
などを、
#インスタ投稿 #ネット販売
の写真撮影にどうですか?

#マイスタ加古川
#コワーキングスペース #モノづくり
#コト起こし
#兵庫県 #加古川市 #加古川

#ほぼ日刊マイスタ通信

enclosure| https://my-st.fun/wp-content/uploads/sites/40/2023/07/7C45C2DA116376947ED3C5DEB1E5FE8B_video_dashinit.mp4
5821705
video/mp4

pvc_views| 132