プロローグ

構想○年。

思えば、遠回りもたくさんした。

過去の動き

お料理教室を定期開催していたが、
荷物置き場になってしまった時期がある。

レンタルキッチン再開に向けて、食器を販売したことも。

ブログカテゴリー<レンタルキッチン>

https://my-st.fun/blog/category/レンタルスペース/レンタルキッチン/

レンタルキッチンで、
飲食店をしたい人、キッチンカーの仕込みを行い人、ケーキや焼き菓子を作りたい人などが集まり、
事前の説明会を行った。

皆さんの想いを集めて、保健所に構想を伝えて相談するも、
加古川周辺で行われている「レンタルキッチン、シェアキッチン(コラボカフェ、クラウドカフェ)」は、
認められていないまま運営されたいることがわかる。

ぶ厚い法律の壁があった。
※後述、「食品衛生法」をご覧ください。

元々、レストラン跡の物件。
以前は、メイド・マリアン、その後、スカレットの小鳥という店名だった場所。
簡単に飲食店営業と菓子製造業許可ができるのかと思っていたら、
施設設備の改修に数十万の費用がかかった。

厨房機器は、
必要に応じて順次増強することに。

さあ、はじまるよ

しかし、2023年11月10日。
満を持して、、、

みんカフェみんなのカフェ)が、
皆さんそれぞれの想いを形にするカフェ❣️

飲食店営業許可菓子製造業許可を取得した、
」をテーマにした夢の場所。

飲食店営業許可と菓子製造業許可
飲食店営業許可と菓子製造業許可

その産声が、元気いっぱい声を張り上げ響きまっせ〜〜。

歴史を作ろう!
自分史を作ろう!

また、他のひとの人生舞台の配役に、あなたも名を連ねて、
お互いがそれぞれの人生において、良き縁を繋げた同志になる。

そんな結びつきが、
地域でひとつまたひとつと増えれば、
みんながイキイキと楽しい日を過ごせる地域へと発展していくと考える。

マイスタ加古川のムーブメントは、
みんカフェで勢いづいたんだよね💖と、
後々、言われるようにしま〜す!

みんカフェ(みんなのカフェ)とは?

当初の構想は

  • 料理の腕に自信のある人👩‍🍳
  • コロナ禍など仕方なく閉店したが、もう一度飲食店🍽をやってみたい人👨‍🍳
  • ケーキ作りを褒められるので、マルシェなどで販売したい人👩
  • 軽食スイーツカフェ飲食店)をやりたい人
  • クッキーやケーキなど焼き菓子を販売したい人
  • お友達と一緒に料理をしたい人
  • お子さんの誕生日ケーキを内緒で作りたい人
  • お料理教室をしたい人

飲食店営業許可菓子製造業許可を取得し、
プロの料理人でなくても気軽に使える、設備や環境にしたい!と考えていました。

食品衛生法

マイスタ加古川が所在する、兵庫県、そして、加古川市の管轄している、
「加古川健康福祉事務所 食品薬務衛生課(管轄エリアは、加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)」へ、数回足を運んで、レンタルキッチンについてご相談させていただきました。

下記のリンクにあるように、
食品衛生法」に定められる32業種に、レンタルキッチンはどこにも分類されないので、
兵庫県では認められないというご指導です。

兵庫県「食品衛生法に基づく営業許可申請・営業届出について」

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf14/shokuhineigyou/kyoka_todokede_tetuduki.html

みんカフェ(みんなのカフェ)は、どういう人が使えるの?

やりたいことはやりたい!

しかし、他の地域ではレンタルキッチンという名前で運営されていて、
その地域の保健所が既知の状態でも、法律上、認められていないということ。

そして、加古川の地で営業する上で、加古川健康福祉事務所に許可をもらわないと、
メニューごとに料金を設定して調理したものを提供する、飲食店の形を取った営業ができないのです。

時間単位のレンタルキッチンは行わない。
月極め、かつ、ルールを定めて認められた人のみが厨房に入ることができる。

言わば、チェーン展開の飲食店のバイトさんが厨房に立っているように、マイスタ加古川の管理下で調理を行う、会員制の調理場、雇用に準じる書面を交わしたり、また、マイスタ加古川が有資格者(栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、衛生管理責任者、作業衛生責任者、船舶料理士、食品衛生管理者)と業務委託のキッチン利用というような形態になります。
※後述する、備えとして、保険(食品営業賠償共済)対象であるためには、マイスタ加古川のスタッフとして調理に従事する必要がある。

残念ながら、3時間だけクッキーを作りたい。
というレンタルスペース的な使い方はできません。

みんカフェ(みんなのカフェ)のルール

マイスタ加古川の代表 中田個人の名前で、営業・製造許可を取得し、
万が一、何かが起きたときは、全て、許可申請に名前を書き記した中田個人の責任になってきます。

マイスタ加古川内の食品衛生管理について講習を行い、
調理師や食品衛生責任者と同等の食品衛生の実務ができると、
判断された特定の人だけが、調理場に立つということとします。

だから、前後の調理した人も安心して調理場を使うことができます。

また、食中毒や異物が混入する食品等事故や容器包装の欠陥により洋服を汚してしまった時など、総合的に補償される保険を、中田個人名義で「マイスタ加古川 みんなのカフェ」施設名にて契約しました。

この体制と運用ルールで、お客様も安心して食事したり、個別包装された焼き菓子などを購入することができます。
また、厨房で調理したい人が特定の人に限定されるものの、食品衛生が整った環境と保険もあるので、
思う存分「夢」に挑戦できることになります。

夢を現実に!

いろんな人の夢を挑戦する場。

少しの時間だけでも、調理補助やホールのお手伝いをしていただくと、
作業内容に応じて報酬をお支払いする方式を採用。

2023年11月10日、
みんカフェ(マイスタ加古川 みんなのカフェ)は、
コーヒーおよび紅茶シフォンケーキの提供からスタートします。

加古川市内で大人気だった〇〇専門店が1月からみんカフェにて再開予定。
そのオーナーが20年の間、独自にブレンドしたコーヒー豆をみんカフェが購入して、
皆さんに、至高のひとときをお過ごししていただきたく、
特別なコーヒーをお出しすることになりました。

皆さんの想いとともに成長し、
変化していくカフェ。それが「みんカフェ(マイスタ加古川 みんなのカフェ)」。

さぁ、あなたも歴史の証言者に!

pvc_views| 1068